任意整理が有効な例1

 任意整理は、自己破産のように借金を返さないといったものではありません。借金を返す意思はあるのだけれど、あまりにも金額が多い、または複数から借金をしているため、返済に充てることができないといったケースではないでしょうか?全てを借金の返済に充てたのでは、生活をしていくことができません。そういった借入と返済とのバランスが崩れてしまうために、返済が追いつかないといった状況に陥るのでしょう。そのために任意整理が必要なのです。しかし、誰もが任意整理をすれば借金が減るといったわけではありません。司法書士・または弁護士に相談して任意整理を行い、今現在払っている借金は妥当なものなのかといったことを調べなければいけません。でも、司法書士・弁護士さんに相談すると相談料が発生するので、お金がない今の段階で余分にお金を使いたくないといった方もいると思います。それなら、まずはこちらの例を見て下さい。これは、任意整理で借金を減らそうと考えている人のパターンの例です。これに当てはまるなら、一度専門家に相談してみようと思うかもしれません。

※なお、これは一般的な「目安」であるため、必ずしも任意整理で借金を減らせるといったわけではありません。任意整理を考えている方は、この内容はあくまでも任意整理の参考としてご認識下さい。

任意整理のパターン

1.家族や身内に知られたくない

 「借金」は、どうしてもマイナスイメージになります。社会人なら世間体といったものは、当然意識しますよね。それに家族に借金をしていることを知られてしまったら、離婚の危機!そんな可能性だってあります。自分で背負った借金なのだから、他の誰にも迷惑をかけずに借金を返済したいと考えている方もいるでしょう。もし返済の意思があり、けれども借金を他の人に知られたくないといった場合、任意整理は有効な手段です。

 自己破産とは違って、任意整理は極秘裏に進めることがいいます。ちょっと言葉が適切ではないかもしれませんが、つまり家族や身内の誰にも話さずとも任意整理を進めることができます。それは自己破産のように裁判所に書類を提出する必要がないため。任意整理は専門家と債務者、債権者の間だけで話を進めることができるのです。そのため、極秘裏に任意整理を行うことだって可能というわけ。ちょっと周りの目を気にして相談ができない、何て思っている方でも問題ありません。

2.借金の返済が長期に渡る場合

 もし、借りたお金の返済が長期に渡る場合は、任意整理が有効かもしれません。利息制限法で金利額というのは、最高でも年利15%と上限が決まっています。これは100万円以上の借入を行った場合の金利なのですが、出資法だと最高29%といった異常なまでの高金利で利息を設定することが可能なのです。この利息制限法の上限と出資法の上限の間が、「グレーゾーン金利」と一般的に呼ばれているものなのですが、利息は返済の期間が長ければ長いほど高額になっていきます。つまり、5年以上のローンを組んでいる方なら、もしかしたら債務整理で過払い金の対象になる可能性があるわけです。

 5年以上のローンの返済を組んでいるなら、払いすぎの可能性があります。一度専門家に相談してみて、利息制限法の内容で借金を任意整理してみましょう。借金を返済中なら元金と相殺することもできるし、すでに完済している場合でも「過払い金請求」によって取り戻すことができるかもしれません。少しでも思い当たる節があるなら、迷わず相談ですね。

Copyright (C) 2008 任意整理のススメ. All Rights Reserved.